アフィリエイトの制約率をあげる売れる記事の書き方

猫ちゃん
アフィリエイトの制約率をあげるにはどうすればいいニャ?
犬くん
なかなか売れない猫ちゃんだワン。ここでは売れる商品にするための記事作成ポイントを紹介するワン。

 

今回はアフィリエイトの制約率をあげる記事(コンテンツ)作成のテクニックについて

解説していくよ。

 

オリジナルの文章で読者の心をつかむ。

オリジナルの文章を作りましょう。あなたでけのオリジナリティーを出しましょう。読者の心をつかむ文書を意識しましょう。

商品・サービスに対しての主観的・客観的な文章

webサイトやブログに書く文章は、オリジナルであるべきです。

ここでいうオリジナルな文章とは、

自分の感想、体験、好き嫌いなどの主観的な意見を含んだ文章です。

オリジナルではない文章ばかりのwebサイトだったら、読者はそのサイトで情報を得る意味がなくなってしまいます。

誰が書いても同じような文章よりも、

その人にしか書けない文章の方が読みたくなりませんか?

ただし、主観的な文章だけでなく、商品やサービスに対しての客観的な文章も書く必要があります。

例えば、スペック、機能、大きさ、色、重さ、などです。

また、「他と比較すると、これは〇〇です」といったことも書くとよいでしょう。

客観的な記述、比較、評価がある上で、主観的な意見、感想がある文章は、読者にとって有益なものです。

運営者の主観的な文章を入れるメリットは、読者の共感を得られた場合、

その読者がリピーターになる可能性がある、という点です。

「この運営者は私と同じ考えを持っている」という親近感になり、Webサイトを何度も訪れてくれます。

また、客観的な文章を書くメリットは「ほかを知っている」「他として比較している」

ことにより、読者が調べる手間を省いてあげられる点です。

 

記事作成の簡単なポイント(例;スマートホン)

 

主観的な情報

「画面が大きく操作しやすいですが、手の小さい私の場合は、電源ボタンを押すのに苦労します。」などの主観的な情報をのせる。
スペック、機能、大きさ、カラーバリエーション、重さなど、一般的に公開されているような客観的な情報を盛り込む。
「〇〇社の最新機種△△も使っていますが、こちらのほうがよくバッテリーが長持ちします」などのほかと比較した情報をのせる。
犬くん
このような感じで主観的情報、客観的情報、比較した情報を盛り込むことによって読者に有益な情報を伝えることができるワン

 

アフィリエイターという立場をいかしてデメリットも書く

アフィリエイターは、消費者でもあり、販売代理店のような役割も果たす中間に位置します
この位置のメリットは、どちらの視点からも商品やサービスを見ることができるという点です。

メーカーが搭載しないデメリットも書く

 

商品を利用する消費者の代表として、もちろんメリット(長所)も書きますが、

売れる記事にするためには、デメリット(短所)も書くことが大事です。

商品自体への評価以外にも、オンラインショップについての意見や、

配達、梱包、アフターサービスについて言及してもよいでしょう。

デメリットというと悪口のような気がして、何と無く記事に書きづらいのですが、

デメリットは悪口ではありません。

広告側からしてみれば、それは「改善点」というチャンスにもなるのです。

筆者がモニターを受けた多くの広告主は、「欠点も書いてほしい」と言います。

もちろん悪意のある文章は広告主にとって

ブランドイメージが壊されてしまうという懸念があり、

嫌がられますが、「こういう点はよい、しかし、ここがこうなるともっとよかった」

というような書き方をすれば、

これは読者にとってだけでなく、広告主にとっても大変ありがたい意見となります。

 

デメリットの書き方の例(服の場合)

 

 

「A社は海外のブランドなのでMサイズでも少し大きめです。1つ下のサイズを購入することをオススメします。」
犬くん
「少し大きめ」というデメリットを、ワンサイズ下の購入するとよいと説明することでデメリットを補えるワン。

デメリットを書くメリット

 

商品・サービスに関しても、メリット、デメリットを両方書くことにより、

「この運営者は正直に記事を書いている」という印象が、読者にも広告主にも伝わります。

すると、よいことばかり書いているwebサイトよりも

「あの人はなんていっているだろうか」と

読んでもらえる可能性が高くなるのです。

また、広告主からも、しっかり記事が書ける人という認識をされれば、

個別に記事を書いてほしいという

オファーにつながる可能性があがります。

 

1記事につき説明するのは1商品(サービス)または1広告主にしよう

記事のメインを決める

 

売れる記事を書くためには、「そのページは何について書いてあるのか」が

明確である必要があります。初心者によくあるのが、1つの記事の中に、

日記、商品の感想、別の商品の話と複数の話題が入ってしまうことです。

これでは何について書いてあるのか主題がぼんやりとしてしまいます。

あとでもう一度読みたいと思っても、どの記事に書いてあったのか探しづらいのです。

1記事に1商品は検索エンジン対策(SEO対策)にも有利

 

1記事内で紹介する商品(サービス)を1つにすることによって、そのページ内のテーマが

その商品(サービス)に絞られます。ページ内のテーマが絞られるということは

それだけ専門性が高くなります

また、検索エンジンによる検索結果でも、いろいろな情報が混ざっている記事よりも、

1つのテーマに沿って書かれた記事のほうが読者のためになると判断され

検索上位になる可能性が高くなります

ほかにも、複数の商品を同ページ内で紹介してしまうと、どちらを買うか読者が迷ってしまい

せっかくのチャンスを逃してしまうこともあります。反対に、1つの商品を紹介して

「これが私のおすすめ商品です!」ということを明確に伝えることで、

読者も引きつけられ購入されやすくなる効果があります。

 

一つの記事で紹介する商品(サービス)は一つに絞る

1つの文章で説明するテーマも絞り、短文にする

また、文章自体ダラダラと冗長に書くのではなく、テーマを絞り短文で書いていきましょう。

長文になればなるほど、主語と述語が曖昧になり、何を書いているのかわかりにくくなります。

1文が長いと、読んでいても情報がインプットしにくいのです。

 

悪い例と正しい例

今日紹介するのは、有名なAさんが〇〇という雑誌の特集で紹介していたBという商品で、□□という新機能が注目されているようです。
今日紹介するのは、Bという商品です。有名なAさんが紹介しているようです。〇〇という雑誌の特集で搭載されています。□□という新機能が注目されているようです。
一つ一つの文章を短文にすることによって、読者に内容が伝わりやすくなる。

キーワードを適度に入れる

1記事1商品(サービス)または1広告主を意識して書いていれば、おのずと
関連キーワードが頻繁に出てくると思います。
さらに「読者が検索に使いそうなキーワード」も
意識して書いてみましょう。
たとえば、「〇〇シューズ」という名前の商品があるとします。
記事内には、メーカー名や商品名「〇〇シューズ」などの単語を使うことになると思いますが、
その商品が子供向けの運動靴だった場合、
「子供、運動靴」などのキーワードも意識して使うと、
検索エンジンで「子供 運動靴 メーカー名」という検索をされた際にヒットしやすくなります。
読者の立場に立って、
自分がその商品を買いたいと思ったときに、
どのようなキーワードを使って検索するだろうか?」
ということを考えながら記事を書いていくといいでしょう。
猫ちゃん
成約率があがらないのは記事の書きかたがうまくできてなかったからなんだなニャ。SEO対策のことも考えないとダメなことがよくわかったニャ。犬くんの説明を聞いてみて欠点が見えてきたニャ。もう一度記事の書きかたを見直してみるニャ。
犬くん
1つ1つ意識して書いてくことで読者に伝わりやすくなるワン。一番大切なのは読者さまなんだワン。今日は猫ちゃんの役に立ててよかったワン。
>人生に2度という言葉はない

人生に2度という言葉はない