アフィリエイトの種類 自分に合うASPを選ぼう

takaking

アフィリエイトにもたくさん種類があります。

その中で僕がオススメするのは5つ。

種類によってメリット、デメリットがあるので

それを理解して自分に合うASPを探しましょう。

 

 

物販アフィリエイト

物販アフィリエイトとは、ある商品を自分のサイトで紹介してその商品リンクを貼っておきます。

商品リンクをクリックしたユーザーが公式サイトへ行き、

そのまま商品を購入すれば購入金額の一部があなたの報酬になります。

アフィリエイトの基本とも言えます。

物販アフィリエイトのメリットとしては、

紹介する商品数が多くて報酬単価も高い案件もたくさんあるので紹介しやすいです。

デメリットとしては、
商品を購入してもらうまでの壁が高いこと。つまり報酬が発生しずらいということです。

その商品を詳しく知らないと売ることもできないですね。

トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトとは、名前の通り(現在のトレンドを記事にする)ということ。

今話題の商品を記事にしたり有名な芸能人の恋愛が発覚、みたいな記事を書いたりすることです。

その時、話題の情報を記事にすることで、一時的に多くのアクセスがみこめます。

その為Googleアドセンスなどのクリック型広告との相性が良い特徴があります。

うまくかみあえばサイトが育っていなくても

早い段階で多くのユーザーが訪れてくれることになります。

こうなると多くのアクセスを見込めるので、

収益化することも比較的に早いというメリットがあります。

ただし、その流行が去った時アクセスが落ち込んでしまうというデメリットもあります。
またアドセンス広告がメインな為、収入の伸びも多くはない。

ちなみにGoogleアドセンスはなかなか審査が通りません。
審査が通ればクリックされると報酬が発生します。

楽天&Amazonアフィリエイト(物販)

楽天アフィリエイトやAmazonアフィリエイトとは、

雑記ブログと非常に相性が良いです。
雑記ブログとは、どんなジャンルの記事でも書いていくスタイルで「なんでもブログ」のことを言います。

知っての通り、楽天やAmazonは何でも売っています。

生活用品から家具・家電など何でもあり、これが全部アフィリエイトできます。
ここが最大のメリット。あとはクッキーと言われる再訪問制度の存在も大きいですね。

楽天は30日間、Amazonは24時間のクッキー(再訪問期間)があります。

例えば、自分のサイトの楽天リンクからユーザーが楽天に行き、

商品を購入せず10日後に購入したとしても報酬があなたに入ります。

これは嬉しい設定ですね。
しかし、その10日間のうちに他のサイトから楽天リンクを

踏んでしまったらクッキーが消えてしまうので自分の報酬にはなりません。

分かりやすく言うと「足あと」みたいな感じです。

楽天とAmazonアフィリエイトのデメリットとしては、報酬料率が悪いことです。つまり報酬がすごく少ないということです。

楽天は約1%(1,000円売って10円の報酬)、Amazonは約2%~8%(1,000円売って20~80円の報酬)になっています。

こちらのアフィリエイトはなかなか収入源としては多く稼げないです。
お小遣い程度ですね。

情報商材アフィリエイト

情報商材アフィリエイトとは、名前の通り「情報を売る」ということです。

情報商材は、物販とは違い実物がない商品のことなので

「物」ではなく「情報」を売っています。

例えば

「FXの必勝法教えます」とか「株で儲かるトレードの仕方教えます」
[バイナリーオプション 必勝法 ツール」「MLMの集客方法」

などなんでもあります。

良い情報商材もたくさんありますが、

それと同様に悪い情報商材も多く存在しているので、

そこの良し悪しの基準や判断が難しいです。

買う人にとって有益な情報であれば商品としての価値があるのですが、

有益な情報でない場合、「詐欺」などと呼ばれてしまうリスクがあります。

なのでアフィリエイト初心者には、その判断が難しい為あまりおすすめしません。

もし紹介するのであれば、実際に自分で購入して良かった情報商材をおすすめしていくと良いでしょう。

メリットとしては、商品が「情報」なので生産するコストがほぼ掛かりません。

なので商品が売れれば、その金額に等しいお金を得ることができるでしょう。

つまりたくさん儲かるということです。

この情報商材アフィリエイトはメルマガアフィリエイトとの相性が良く、

メルマガを発行している人の多くが情報商材を販売したり紹介している傾向が強いです。

アプリ系アフィリエイト

現在ではスマホからアプリをダウンロードして

ゲームを楽しんでいるという人も増えてきました。

電車の中や人を待つ間の暇つぶしなど、

いつでも好きなタイミングでゲームができるようになったため、

全体のダウンロード数も大きく伸びています。

また自分専用のゲーム端末がスマホであるというところからも、

1人1台専用の端末を持って同じゲームで通信しながら遊べるというのも大きなメリットです。

ゲームアプリのアフィリエイトの需要は、大きいです。

そのため企業側としても今後もゲームアプリ開発には力を入れるようになり、

ゲームアプリ市場が拡大していく可能性は高くなるといえるでしょう。

人気なアプリだと「モンスト」「荒野行動」だったり。

年齢10代〜60代くらいまで幅広くゲームアプリを利用しているようですので、

紹介するゲームアプリによってもマーケットにいる年齢層は変化するでしょう。

特に利用率で多いのは10代〜20代の男性ですが、

これもゲームアプリの種類によります。

どんなゲームアプリを誰に向けておすすめし、

ダウンロードに誘導するのかによっても需要は大きく変わるということを認識しておくと良いでしょう。

ゲームアプリのアフィリエイトの報酬と収益性ですが、

通常のアプリよりもゲームアプリのアフィリエイトの方が1件あたりの報酬が高いと言われています。

しかしそれでもゲームアプリのアフィリエイトは

1件あたりの報酬が250〜1000円前後のところが多いです。

他のアフィリエイトジャンルに比べると、

1件あたりの報酬は低くなっているので
発生数を伸ばさないと大きな収益も見込めなくなっています。

ですが、需要が拡大していくためチャンスと言えますね。

takaking
それぞれの種類によって登録するASPが変わってきます。まずは自分が何を売りたいのかを意識してASPを選ぶといいでしょう。
>人生に2度という言葉はない

人生に2度という言葉はない