Tポイントで資産運用 SBIネオモバイル証券のメリットやデメリット

貯蓄から資産形成への流れとともに

iDeCoやNISAといった

若年層・投資初心者向けの制度が登場した。

老後、年金だけでは

生活できなくなるというこの現状。

金融庁も自助努力で資産運用してください

と発表しました。

そんな中、投資を身近なものにするために

SBI証券はCCCマーケティングと

スマホでTポイントを使って国内株式が購入

できるサービスを発表した。

ターゲットは年金がもらえなくなる

と言われている若年層・投資初心者。

Tポイント保有の方にオススメ!SBIネオモバイル証券とは?

2019年4月10日からサービス提供を始めた

「SBIネオモバイル証券」

既存のネット証券や総合証券と

取引方法もターゲットも大きく異なるサービス

を打ち出しているので、まずは簡単に紹介します。

SBIネオモバイル証券はこんな人にオススメ!

 

Tポイントがたまっている

株式投資を始めたいが損をしそうで不安

少額でコツコツ積立投資していきたい

 

既存の証券会社との違い

 

入金不要

現金を入金しないでTポイントだけでも投資できます

 月額制

取引手数料はなく月の合計取引金額によってサービス利用料が変わります

利用料がかかる

取引の有無にかかわらずサービス利用料が月額200円(税抜)かかります

 

それでは上記を踏まえ

SBIネオモバイル証券の3つの特徴

について詳しく紹介していきたいと思います。

 

Tポイントを使って株が買える

SBIネオモバイル証券の最大の特徴は「Tポイント」で株の購入を行えることです。 投資というと資金を十分に準備して慎重に銘柄を選んで…と初心者にはなかなか手が出しづらいものというイメージがあると思います。
しかし、SBIネオモバイル証券では自身が保有しているTポイントで株の購入が行えるのです!
普段の何気ない買い物で貯まっていたTポイントで実際に投資が行えるのはSBIネオモバイル証券の一番の特色と言えます。
また、Tポイントを使って購入した株を売却すれば、間接的にTポイントを現金化できるので大変便利です。

月額200円(税抜)で取引し放題!

 

SBIネオモバイル証券は手数料にも特徴があります。
通常の株式取引では各取引ごとに取引金額に応じて手数料が掛かりますが、SBIネオモバイル証券では手数料がサービス利用料というかたちで「月額制」になっています。ひと月あたりの約定代金が50万円以下の場合「月額200円(税抜)」で何回でも取引が行えます。
約定代金ごとのサービス利用料(月額)は以下の通りです
SBIネオモバイル証券のサービス利用料
※表の金額は約定した金額です。
さらに、SBIネオモバイル証券を
利用すると毎月Tポイントが200ポイント
付与されるため
約定合計代金が50万円以下の場合は
実質消費税の16円の負担で
利用することができます。
また、サービス利用料の1%分
のTポイントが貰えます。
付与されるTポイントは
SBIネオモバイル証券でのみ
利用可能な期間限定Tポイントです。

1株から株が買える

テキスト
続いての特徴は「1株単位から株式の購入が可能なことです。日本株の売買は基本的に100株単位に統一されています。
そのため株価が500円の銘柄を購入しようとすると、500円×100株=50,000円と、購入総額が数万円単位になってしまいます。
有名企業のなかには株価が1,000円を超えるものもあり、100株単位での売買では数十万円が必要になります。
いきなりそんな大金を投資に使うのは気が引けてしまいますよね。
その点SBIネオモバイル証券では
1株から株式の購入が行えるので
馴染みのある大手上場企業の株も
数百円から購入ができます。
ちょっとしたお釣り感覚の金額で
株主になれるのは大変魅力的です。

 

なぜ投資初心者にオススメなのか?

「特徴はわかったけど、どんな人にオススメなの?」

そう思っている方も多いと思うので ここでは

SBIネオモバイル証券はどんな人にオススメなのか

その理由と活用方法をあわせて紹介していきます。

結論から言うと

SBIネオモバイル証券が

オススメな人はズバリ「投資初心者」です。

理由は大きく分けて2つあります。

 

理由1・必要資金が低く設定されている

1つ目の理由は

必要資金が低く設定されているから」です。
多くの投資資金を用意することは

投資初心者にとっては難しいことと思います。

そのため「投資」は自分とは縁のないものだと

諦めてしまっている方もいるのではないでしょうか。

その点SBIネオモバイル証券では1株」から

株式の購入が可能になっているため

少額から投資を始めることが出来ます。

そのため投資で資産形成を行いたいと

考えている投資初心者の方が投資を始めるには

いい証券会社であるといえます。

理由2・実践的な知識や技術が身につく

 

2つ目の理由は実践的な投資知識を得られるからです。

 

少額な取引ができる上、大きなリターンを

狙うことは難しいかもしれません。

しかし、実際に取引を重ねるにつれ

資産運用の知識、技術が身につきます。

知識と技術を身につければ

豊かな老後生活」も夢じゃありません。

投資資金が低コストで得られるというのも

オススメの理由です。

SBIネオモバイル証券オススメ活用法

オススメの活用法を紹介します。

「Wealth Navi for ネオモバ」で自動資産形成!

 

「自分で個別に株を買い付けるのは難しそう!」

そう思っている方にはSBIネオモバイル証券

が提供しているロボアドバイザー

WealthNavi for ネオモバ」

の利用がオススメです。

WealthNavi for ネオモバとは

簡単にいうと運用資金を預けておくと

自動で運用してくれる

大変便利なロボアドバイザーです。

「WealthNavi for ネオモバ」を用いれば

自分で資産配分や買い付け銘柄を考えることなく

世界水準の資産運用を行うことが可能です。

長期的にコツコツ運用益を上げていきたい

と考えている方には特にオススメです。

また、普段は仕事が忙しく

投資に時間を割けないという方でも

時間を取られる心配がないので

大変ありがたいサービスと言えます。

簡単にまとめると株の自動売買です。

 

SBIネオモバイル証券のメリット

  1. Tポイントで株が買える
  2. 1株から買える
  3. WealthNavi for ネオモバで自動売買で運用してくれる
20代投資家

WealthNavi for ネオモバは

簡単な6つの質問に答えるだけで

自分に合った運用プランを提案

資産を自動運用してくれる便利なツールになっています。

(1万円からの運用になります)

 

 

SBIネオモバイル証券のデメリット

 

メリットがあればデメリットも存在します。

一体どのようなデメリットが

あるのか見ていきましょう。

デメリット1:投資商品の種類が少ない

最初にあげられるデメリットは

投資商品の種類が国内株式

(現物取引・ETF・REIT)と

WealthNavi for ネオモバに限られていることです。

投資商品の種類が少ないと

どうしても投資スタイルも限られてしまいます。

投資信託やIPOも現時点では取り扱っておらず

投資商品のバリエーションの少なさは

SBIネオモバイル証券の弱みといえます。

投資経験が無く商品の選択肢が少ない方が

迷わなくて良いという方にはオススメできますが

すでに投資をされていて豊富な商品数が欲しい

という方には向いていないといえます。

デメリット2:NISA・積立NISA・iDeCoなどの非課税制度に非対応

続いてのデメリットは

「NISA/つみたてNISA・iDeCo」などの

非課税制度に現時点では対応していないことです。

NISA、iDeCoともに運用益にかかってくる税を

一定額まで非課税にできる

投資家にとって大変嬉しい制度です。

その非課税制度が使えないのは

SBIネオモバイル証券のデメリット

と言えるかもしれません。

SBIネオモバイル証券では

運用益の約20%が税として

取られてしまうことを

念頭に運用をしていく必要があります。

デメリット3:単元未満株は好きなタイミングで売買できない

最後のデメリットは単元未満株(S株)

つまり100株の売買単位に満たない株数の

売買が自分の好きなタイミング

では行えないことが挙げられます。

単元未満株の売買は、通常の単元株の売買と異なり

注文時間によって約定金額が決まるタイミングが

以下のように決められています。

このようにSBIネオモバイル証券での

単元未満株の売買は、自分が買いたい、売りたい!

と思ったタイミングで売買ができないので

結果的に思っていたよりも高く買い付けてしまった、

安く売りに出してしまった…という事態を

招くリスクがあります。

この点もデメリットかもしれません。

ただし、単元株の売買なら自分の好きなタイミングで可能です。

なので、売り買いのタイミングを大切にしたい場合

単元株単位の売買を行うことで

このデメリットを打ち消すことは可能です。


投資を始めたいけど始められない人
リスクが怖くてなかなかできない人
投資を学べば資産を増やすことができます。
何か一つでも資産を増やす仕組みを取り入れましょう。

 

 

 

  • XMTrading
    5

    FXを始めるなら海外FX口座
    『XMTrading』
    登録して3000円のボーナスを使い
    ノーリスクで増やしてみましょう。
    増やした分は出金可能。