あなたにとっての働く目的とは?働く目的は2パターンしかない

 

takaking
あなたにとって働く目的とはなんですか?

 

筆者も毎日「なんで働いているんだろう?」

と自分に自問自答していた時期がありました。

 

なんで働いているのか?今日はそのパターンの最終的な答えについて

話していきたいと思います。

 

典型的な働く目的

 

生きていくため

 

自分を成長させるため

 

この2パターンがきっとほとんどの人が言う働く目的ではないでしょうか?

 

では、生きていくためと答える人の働く目的の理由について

 

生きていくためと答える人

おそらくほとんどの人が生きていくために働いていると思います。

 

お金を稼ぐため

好きなものを買うため

家族を養うため

税金を払うため

生きていくのにはお金が必要不可欠です。

お金がなければ衣食住も買うことができません。

だから働くんだ。働く目的とは人それぞれに違うけど

結局最後にたどり着く答えはいたってシンプルだ。

 

お金を稼ぐために働く

 

自分を成長させるために働く

 

自分を成長させるために働く人もいます。

 

コミュニケーション能力を高めたい

筋肉をつけたい

コンプレックスをなおしたい

あのスキルを身に付けたい

「自分はこうなりたいんだ」と理想を追い求める人に多い働く目的です。

 

生きていくためと自分を成長させるための決定的な考えの違い

 

この世界ではこの2パターンの理由で働く人がいます。

生きていくために働く人、自分を成長させるために働く人

この2パターンの考え方の違いで未来が変わってきます。

 

生きていくために働く人の考え

生きていくために働く人というのはこの世界に安定を求めます。

ここでいう安定とは

・毎月給料をもらえるサラリーマンとして働くこと。

毎日決められた時間を拘束されて働く代わりに賃金をいただく。

その代わりに、理不尽なことを言われてもそこで働き続ける。

自分を成長させるために働く人の考え

自分を成長させるためにスキルを求めます。

ここでいうスキルとは

・コミュニケーションスキル・集客スキル・ビジネススキルなど

自分に足りないものを身につけるために働く。

自分を成長させる仕事ならなんでもこなすタイプです。

 

この二つの決定的な考え方の違いで

今後の未来が大きく分かれます。

 

サラリーマンでいつづけるか独立するか。

 

サラリーマンでいれば毎年ちょっとした昇給と決められた給料

独立すれば不安定な収入。低収入か高収入。

 

考え方の違いが今後の未来に変化をもたらします。

 

「俺はお金持ちになりたいんだ」と思うのであれば

安定したサラリーマンを辞めなければお金持ちになる可能性も低くなります。

なぜなら、決められた給料しか毎月収入がないからです。

お金持ちになりたいのであれば、まずスキルを身につけることから始めましょう。

今回のまとめ

働く理由は人それぞれなんですが

働く目的は、

「お金を稼ぐために働くか」
「自分を成長させるために働くか」

2パターンだと筆者は思います。

ただ働く目的の中にある理由については人それぞれ違った理由があるだけなんですね。

 

でも、時々働く目的を見失う人がいます。

 

働く目的を見失う人にある共通点

人はちょっとしたことで働く目的を見失うことがあります。

その共通点とは?

  1. 働きすぎて疲れ果てた時
  2. 人間関係がうまくいかない時
  3. 仕事が思うようにいかない時

 

人は疲れた時や、人間関係がうまくいかない時など

不満や悩みを抱えます。その時に人はみんななんでも

ネガティブに物事を考えてしまいます。

何をやるにしてもネガティブな考えばかりを引き寄せてしまいます。

そんな時にふと、我に返ったかのように、

「こんな思いをしてまでなぜ働く必要があるんだ?」

と思うようになってしまいます。

これは人間である以上仕方のないことかもしれません。

でも少しでもその考えを変えることに集中してみると

また、働く目的について考えがまとまります。

ネガティブな考え方をポジティブにする方法

・落ち着いた感じの音楽を聴く。(リラックスできる曲)

・テンションの高いアゲアゲな音楽を聴く。(クラブミュージックなど)

・すぐさま寝る。寝てしまえば悩み事のことを考えなくてすみます。

(心と体を休息させましょう。)

・お酒を飲む(頭の感覚を麻痺させましょう)

・瞑想する(自分の考えを見つめ直す効果があります)

 


働く目的がないなら働かなくたっていい。

「みんなが働いてるから働かなくちゃいけない」

「働いてないなんて常識でありえない」というような風潮がいまも日本では

ありますが、別に働く目的がないなら働かないという選択技もあります。

自分の人生は自分で決めることができます。

風潮があるだけであってそれが常識とも限りません。

常識は人それぞれによって違います。

その人が見てきたもので作られた形が常識であるだけなんです。

あなたにはあなたの常識があっていいはずです。

一番は自分が納得のいく人生を送りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>人生に2度という言葉はない

人生に2度という言葉はない